TRY-TRY-TRY

自作に改造と修理など、家と電気系を主にトライしてみた記録です。

Home » 家のことにTRY » 家のこと改良にTRY » 屋根上のソーラーパネルを自宅改装ついでに、安全でメンテ可能な場所へ移設しパネル増設。

屋根上のソーラーパネルを自宅改装ついでに、安全でメンテ可能な場所へ移設しパネル増設。

calendar

スポンサーリンク

 始めは80Wと15Wを屋根に載せていたのですが、自宅改装で屋根塗装もあり一時撤去することになりました。
それは、以前から素人が乗せたこともあって不安もあり、目の届くところに場所を変えた方が良いと思っていました。
改装工事がすべて終わり新しい移設先は車庫屋根の上。ここは午前中家の陰で日陰になり発電できないので勿体ないですが、先にもお話ししたように家の屋根のような高所では安全面から置いておけません。そこで、発電の減る分を少しでも補いたく、3倍の合計335Wに増設。家の南屋根には2階から見えて手の届く小型のパネルを追加することにしました。

ソーラパネル増設および移設ソーラーパネル
初期の設置パネル 80W+15W

今回の増設で、午前に発電できないのはもったいないので、20W2枚(下画像)を、テラスから届く3階のひさしに新設しました。これだけは1日中発電できます。

家の屋根に取り付けたパネル
メンテできる場所に午前の充電を補うために設置。
ソーラーパネルの上側は、屋根についている雪止め?金具に、ユの字ステン金具で引っ掛け、下部はステン針金で軒天に?型フックをねじ込みここにくくりつけた。

ソーラパネル 増設 移設 取付 ソーラパネル 増設 移設 取付ソーラパネル 増設 移設 取付ソーラパネル 増設 移設 取付

車庫屋根に取り付けたパネル
下図のように設置しました。設置と取付けは概要図のようにアルミLアングルを主に使ってパネルを固定しました。

屋根を止めているポリカパネルの固定ボルトを長いものに取り替えて、アルミ丸パイプを切断した物を足代わりにして、パイプ中をボルトで通す形でアルミLアングルを挟むように止めています。

ソーラーパネル取付概要図

 


合計335Wですが、大半は午後から陽が当たるのと、3階の40Wが一日頑張ってくれますが、まあ今までとちょっと多い位の発電量と控えめに思っておきます。

これに伴い電流増加で電線を入替、チャージコントローラユニットも容量大きいものに入替となります。
下画像は、ソーラーチャージャー収納BOXと、木製置き台、インバーター2台分の電源スイッチなど新たに製作。

ソーラパネル 増設 移設 ソーラパネル 増設 移設 インバーター2台スイッチ ソーラパネル増設 移設 電流その後、部屋のレイアウト変更で置き方を変えました。
ソーラーチャージャー ボックス

配線はもともと2階から入っている壁面のプルボックスを、PF管の径を22にサイズアップするので交換します。(改装中に交換したので、工務店さんにシールしてもらいました。)ここから車庫-各パネルへ電線および、PF配管(径22)を新たに敷いた。(この径は、ソーラーパネル6枚を5枚まとめた引き込み電線1本と80Wパネル1本の計2本と、あとで予定していることがあり、太めに考慮しています。)

以前のパネルの素のPF配管は3年屋根の上でも、割れたりしていませんでした。しかし、数年で交換するのは大変なので、陽の当る部分のFP管には、自己融着粘着テープ 日東 No.15を巻いた上に、自己融着テープNo.15指定の日東 屋外用ビニールテープNo.22ビニルテープを重ね巻して老化進行を遅らせるようにしました。

ソーラパネル増設 インバーター

ソーラパネル増設 インバーター
ソーラパネル増設 インバーター
密閉型ディープサイクルバッテリー廃止し、中古のリサイクル自動車バッテリにしたため、置き場所を屋根のある屋外に移設。ソーラパネル増設 インバーター  増設 移設 取付

ソーラー 配線図

 (移設およびソーラパネル増設分、取付材料)
・ソーラーパネル 20W  1枚 1,580円 2枚 (楽天)訳あり品(訳は不明)
・ソーラーパネル  50W 1枚 7,200円 4枚 (YMTエナジー)
・チャージコントローラ 50A  5,000円(オークション)
・サーキットブレーカー idec NRF110-10A  980円(Amazon)
・電流電圧計(一体型) 50A シャント抵抗付 1個 1,140円 1個(Amazon)
・電流電圧計(一体型) 10A  1個 505円×2個 (Amazon)
・EUバッテリターミナル端子 980円 (Amazon)
自己融着粘着テープ 日東 No.15 1519 1巻 460円  3巻(Amazon)
・屋外用ビニールテープ 日東 No.22 1巻 240円 3巻(ホームセンター)
・鉛バッテリ 92Ah (中古のリサイクル輸入車自動車バッテリ) 3,800円 (楽天)
・バッテリターミナルD端子 D20~H52 2個セット 870円 (Amazon)
・バッテリ収納コンテナ 1,280円 (ホームセンター)
・チャージコントローラ収納 プラボックス 透明扉付
日東工業 OPK14-33CA 2,150円 (ヤフーショッピング)

 (以下、ホームセンター)
・配線20m、PF管22 15m、PF管用コネクタ×4個、サドル×5個、丸型プルボックス×2個
・パネル取付ベース用、アルミL材 25×25×2000mm×6本
・パネル取付補強用、アルミL材 15×15×1000mm×6本
・アルミ丸パイプ(Lアングルの足で屋根から浮かす)径20mm 長500mm 1本
・ステンレスステー14個、固定用M4ネジ、ナット、M6ボルト、ネジ緩み止め剤
等で、パネル取付部材の合計 およそ20,000円 (これだけでも元を取るのは大変に・・・。)

     参考 (移設前設置)
・ソーラーパネル  80W 12,000円 1枚 (YMTエナジー)
・ソーラーパネル  15W 4,500円 1枚 (YMTエナジー)
・ディープサイクルバッテリ 12Ah 3,800円 1個 (YMTエナジー)
・インバーター150W  車用 (大自工業)   1,580円 (ホームセンター)
・インバーター150W  車用 (大自工業)   1,円 (オークション)
・インバーター110W  FD-110 シガーライター差込型  (セルオート)   1,260円(Amazon)
・チャージコントローラ 10A  1,980円 (YMTエナジー)
・フルカラー埋込 ダブルコンセント 1個 390円×2枚 (ホームセンター)
石膏ボードC型はさみ金具 1枚 98円×2枚 (ホームセンター)
・フルカラー プレート 1枚 WN6803WK 120円×2枚 (ホームセンター)
・フルカラー 2連プレート WN6806WK 320円 1枚(コンセント+インバーター電源スイッチ用)
・ フルカラー埋込 片切スイッチ WN50010 1個 190円×2個

・ステンレス Z型ステー 幅19x19x長104mm 1枚220円×4枚(雪止めへの引掛け用)
・ステンレス 平板ステー 長50mm 1枚80円×2枚(パネル連結用)

・端子台(配線結線、分岐)
絶縁圧着スリーブ 10個程度
圧着端子
コネクタ
・ステンレス針金
・ステンレス M4トラスネジ、ナット、平ワッシャー,スプリングワッシャー
ヒートン (金具) 4個 (3階パネルのひさしとの針金固定用)
インシュロック

・電動ドリル
・ドライバー
・平やすり
・カッター
・ニッパ
・ペンチ
・スパナ
・糸のこぎり
・半田こて
・圧着ペンチ

■ソーラー関連記事(新しい順)

続編 ソーラー発電のUSBコンセントからの充電が遅い!?

ソーラー発電 5V電源の宅内配線と、USB式埋込コンセントを自作。

ソーラー発電とコンセント電源供給を、時間指定で切替する回路を製作。

省エネ 自転車置場の電池式オートライトに、ソーラーバッテリーから供給。

夏は温度が上がるソーラーパネルチャージコントローラ収納ボックスに排熱ファンを取付。

停電時にも使えるソーラー発電バッテリーで灯く照明をリビングに新設。

屋根上のソーラーパネルを自宅改装ついでに、安全でメンテ可能な場所へ移設しパネル増設。(当記事)




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。