TRY-TRY-TRY

自作に改造と修理など、家と電気系を主にトライしてみた記録です。

ブルーレイレコーダー(東芝)の電源入らなくなったので基盤交換で復活。

calendar

スポンサーリンク

ブルーレイレコーダー(東芝)の電源が入らないと家族から。
数日使っていなく、いつそうなったかわからないという。いつも点灯している青色表示灯も消えている。
説明書に記載の、リセットボタンも、コンセント長抜きもでもダメでした。試しに電源ボタン長押しもダメです。
もう古いしなと思いながらも、録画は大事なのがあると言うし(だから日頃からディスクに移して置いてと言っていたのですが・・ね。)
と思いながら、自分にも見れていない録画が2番組あったりしますが・・・。

念のためメーカ問い合わせるも、サービス拠点への持込んでの対応だそうで、型番を伝えたものの、7,8年位経過した機種が対応可能かはサービス拠点に行って見ないとわからないとのこと。当家からサービス拠点までは車で40分くらいの所。でも面倒であっても出張してもらうと、出張修理概算料金というのが掛ってくる。これはメーカサイトで公開されている。
もし電源基板なら、¥14,000 ~ ¥18,000 となっている。

取りあえずヒューズ切れかな?と開けてみることに。
機器を見てもカバーの封印はない様なので、カバーを外してみた。
すると電源コードコネクタ直ぐのヒューズが切れていた。
一時的に何かあって切れたのなら、ひょっとしてヒューズを交換したら電源が入るのでは?
と安易に考えたが、交換しても電源コードを差したら、また切れてしまった。ブルーレイレコーダー修理ヒューズが切れる原因の異常がないかと、この電源基盤を外して外観を見回して見るも、異常はない様子。
今度は、テスターで判るところをあたって見る。
すると、ブリッジダイオードの+と-のパターンがショートしていた。
ブルーレイレコーダー修理ここからパターンを追いかけて行くと、良くわからない8本足の半導体が割れている。
単純に老化で破損したのか?放熱板はないので温度が上がる部品ではないようだけど、他の部品故障の影響で破損したことも考えられる。ブルーレイレコーダー修理こういった役目のよくわからない変わった部品は入手にお手上げ。コンデンサとか抵抗ならいいのですが。(後日、通販サイトに問い合わせるも、海外でも入手不可能との返答。)

さて、修理に出す場合の不安がひとつ。
この故障内容からHDDは関係ないと思うものの、お決まりの文句で、データー消える(消される)可能性も・・。

データー第一ということで、オークションで中古、またはジャンク機で電源が入る機体を探し落札。

修理する機体の電源基盤を取り外します。(部品取り機体も同じやり方ですけど。)
①カバーを外します。ブルーレイレコーダー修理②初めにHDDを外します。電源コネクタ2箇所と赤色線のSATAケーブルのコネクタも外します。

ブルーレイレコーダー修理③HDDが外れたら、SDカードスロットを外します。白色のフラットケーブルは外さなくてもよいです。
ネジ1本を外し、前パネルから緑色のSDカードスロット基盤を引き抜きます。(手順④が先でも可能)

ブルーレイレコーダー修理④電源基盤の固定ネジとコネクタ4か所を外します。ブルーレイレコーダー修理ブルーレイレコーダー修理⑤いよいよ電源基盤を外しますが慌てて持ち上げないで、先に前パネル(表の化粧パネル こんな形の[>——-<]です。)の上部1カ所と、両側面と底にあるプラ製の爪を起こし、前パネルを手前に引いてからでないと電源基盤は外せません。

ブルーレイレコーダー修理⑥故障基盤と中古入手基盤、どちらも同じようです。そうでないと困るのですが…。
今回は、破損部品の実装されているこの電源基盤のみ入替えました。
ついでに排気ファンも掃除しておきます。(そんなにホコリは付着していませんでした。)ブルーレイレコーダー修理

⑦元に組み立てて、電源を入れます。
またヒューズ切れたらどうしようと思いながら、電源コードをコンセントに差し込みます。
WAITが表示され無事復帰です。ブルーレイレコーダー修理
さらに、電源スイッチを入れ、放送が映る、録画してある番組が再生出来る。を確認しました。今回は電源故障でしたので、これ以上細かくは確認していません。(後日、録画もディスクコピーも使えています。)

そして、
入手した部品は中古。またいつかどこかが故障するリスクはあります。使えるようになっているうちに、各自で、録画番組はディスクに移してもらいます。

今回は電源故障でしたが、ハードディスクの故障ならあきらめていたでしょう。
故障時に電源が入らないと何もできなくて大騒ぎですが、それより厄介なのは、電源入るけど再生できないとか、録画できないとかの不具合の方が難しかったり高額な修理となる傾向があります。HDDが問題の場合は、データあきらめ、高額になるでしょう・・・。
今回助かったのは、基盤構成で電源だけ分かれていたことも容易に判断でき交換できたと思います。
・HDDの容量が異なる姉妹機種の「D-B305K」でも基盤は同じかもしれませんが、当方では不明です。

そして、中古機の他の部品を当面、予備として保管しておきます。(また電源だと意味ないですが・・・。ーー;)

・ヒューズ(4A)すぐ切れてしまったので、復旧には不要であった。
・電源基盤 D-B1005K 中古機より取り外し。(電源は入る機体)

・ドライバー
・精密マイナスドライバー(基盤上のコネクタロック外し)




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。