TRY-TRY-TRY

自作に改造と修理など、家と電気系を主にトライしてみた記録です。

Home » 家のことにTRY » 家のこと改良にTRY » 停電時にも使えるソーラー発電バッテリーで点灯する照明をリビングに新設。

停電時にも使えるソーラー発電バッテリーで点灯する照明をリビングに新設。

calendar

スポンサーリンク

 めったにない停電ではあるけど、懐中電灯は気が付いたら、どこ行った?、あったけど乾電池切れ、充電切れなど、メンテがついついおろそかになってしまうもの。
もし夜に停電すると真っ暗になるので、LED電球1個でも明るいので設置した。
既設の照明には割込みはできないので、ダクトレール新設のスポットライト形式とした。

電源付きダクトレールリモコン付きダクトレール

■ 構 想
ダクトレール取付場所は、天井の梁が出っ張っている部分であれば、固定ができて見た目にも違和感ないと思いここに取付け。
レールは延長しないと部屋の隅だけ照らされるので延長レールで延長した。

ダクトレール照明

ダクトレール照明

電源はこの商品にはコンセントプラグがついているので、カーテンで目立たない窓枠を伝って下ろし、その真下にちょうどソーラーパネル設置時に増設したソーラー専用の埋込コンセントを新設しているので、ここから供給させる。

ダクト照明 ソーラー充電ソーラー発電充電 ダクトレール照明 リモコン

感想5W電球1灯でも非常時とはいえ十分明るい。
ついでに2Wで試したが、これも懐中電灯やランタンと比較しても明るい。
夕方から夜中の1時まで点灯させたが、電圧計は0.1Vしか下がらなかったので、携帯充電に使っても十分バッテリー残はあることがわかった。

 (ホームセンター)
・ダクトレール電源部 リモコン付 5,980円 1台
・延長レール 1m 1,260円  1本
・エンドキャップ  143円 1個 (レール末端)
・ジョインタ 550円 1個(ダクトレール延長つなぎ)
・ダクトレールライト LRS-SH13W  1台 1,800円×3台 器具3台は発電量状況をみて、能力的に余裕があれば後々点灯させれるようと購入した。

・電動ドライバー
・メジャー(レール取付けの平行度)

■ソーラー関連記事(新しい順)

続編 ソーラー発電のUSBコンセントからの充電が遅い!?

ソーラー発電 5V電源の宅内配線と、USB式埋込コンセントを自作。

ソーラー発電とコンセント電源供給を、時間指定で切替する回路を製作。

省エネ 自転車置場の電池式オートライトに、ソーラーバッテリーから供給。

夏は温度が上がるソーラーパネルチャージコントローラ収納ボックスに排熱ファンを取付。

停電時にも使えるソーラー発電バッテリーで灯く照明をリビングに新設。(当記事)

屋根上のソーラーパネルを自宅改装ついでに、安全でメンテ可能な場所へ移設しパネル増設。




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。