純正フットライトとラゲッジランプの電球色をLEDテープで白く明るく。 BMW X1 F48 LCI 20i 後期モデル

フットライト白く明るく

LEDフットライトの色が電球色なのは気にならないものの、
ちょっと暗い・・・。
そのうちネットで希望する価格帯で見つかれば明るいものに交換してみよう・・・。というくらいにしか思っていませんでしたが、今回なぜ改造することになったかというと、別記事で書いています「フットライトを常時点灯させる」という改造がきっかけです。ついでにラゲッジランプも明るくしました。

こちらの記事をご覧ください。
👉純正フットライトを常時点灯させる。BMW X1 F48 20i 後期モデル

エントランスライトは乗り降りするときの足元を照らすものなので、ドアが閉まっていたら点灯しないと思っていました。しかし回路上でフットライトとつながっていることが判明し、ルームライトスイッチをオンにすると点灯するのです。でも、ドア閉時なので点灯しても車内では見えないと思っていました
が、夜には割と車内フロアを照らしたのです。そこで前の記事になりますが、フットライトを常時点灯させる改造を行いました。

しかし同時点灯で比べてしまったのですが、フットライトは黄色で暗く、エントランスライトは白く明るいのでこの差が気になった。ということが今回の白く明るくする理由です。LEDテープでフットライト 白く明るくこのクルマのフットライトは幅の狭いタイプであまり出回っていなくて、あるのはあるのですが4個となると価格面で満足できませんでした。
そして、フットライトの構造が気になってカバーを外してみたら、LEDたった1個なので内部にスペースがあります。
ここでLEDテープの残りがあることを思い出しました。これを純正フットライト内に追加します。LEDテープでフットライト 白く明るく
このLEDテープは切って使うタイプではないのですが、規則正しく実装している抵抗とLEDの数から切断できる位置がわかります。LEDテープでフットライト 白く明るく
切断後、電源を与えるには裏面の白いコーティングをカッターで削ると銅箔が出てきますので、そこに線をはんだ付けすれば使えます。LEDテープでフットライト 白く明るく
 
作業①フットライトを外します。ライトの細長い穴に内張はがし工具でこじるように浮かして外します。後部座席は前席シートの下(後席に座ったら足先)にあります。
電圧と極性を確認しておきます。コネクタの赤茶線がプラスですのでライト側ソケット差込穴では内側のピンがプラスになります。
電圧は12Vでした。LEDテープでフットライト 白く明るく②フットライトのカバーを外します。手で外すのは非常に固いので、ライト裏面にある4つの細長い穴1つづつ順番にマイナスドライバーを差込んで、カバーのツメの頭に乗せた感じで、外側へ倒しながらカバーを引くと外れます。LEDテープでフットライト 白く明るく③内部のLED基盤は固定されておらずそのまま外れます。LEDテープでフットライト 白く明るく④LEDテープをランプ内に入る長さに切ります。このLEDテープではちょうど2回路(1回路LED3個)入りました。

⑤LEDテープにリード線を付けるために裏面の白い部分銅箔が見えるまでカッターなどで削ります。LEDテープでフットライト 白く明るく⑥LEDテープをLED基盤にはんだ付けする場所までの長さの線を用意します。(リード線は念のためシリコン被膜を使いました。LEDは高温になりますのでこれは耐熱があります。)
LEDテープでフットライト 白く明るく
⑦基盤上のパターンを追ってプラス、マイナスそれぞれ抵抗のはんだ付け部にはんだ付けします。
はんだ付け場所については、ピンのはんだ付け根元に熱を与えると、傾くまたは、抜けたりしそうなのでここへのはんだ付けは避けておきます。LEDテープでフットライト 白く明るく
⑧ここでテスト点灯しておきます。LEDテープでフットライト 白く明るくまぶしいくらい明るくなりました。
左がLEDテープ追加。   右が純正状態です。LEDテープでフットライト 白く明るくフットライトの
カバーが乳白色なので照り具合いは直接見るより柔らかく照射範囲も広がるでしょう。

⑨リード線のクセを取りLEDテープを置く位置に収まったら、LEDテープ裏面にシリコンを塗って固定します。
LEDテープとケースの間は、カバーのツメの入る隙間が必要です。LEDテープでフットライト 白く明るく⑩リード線もシリコンで基板上に固定します。LEDテープでフットライト 白く明るく⑪カバーをしますが、先にLEDテープ側から差込んでLEDテープを挟まらせないよう斜めにフタをするようにして確認しながら反対側を押して完全にフタをします。LEDテープでフットライト 白く明るく⑫クルマに取付ます。
純正時の様子(画像左の運転席足元のフットライトが黄色く暗い)LEDテープでフットライト 白く明るく改造後の様子(ドア下のエントランスライトと同じ色合いで明るくなりました。)LEDテープでフットライト 白く明るくリアの足元も白く明るく。LEDテープでフットライト 白く明るく
ラゲッジランプを明るくラゲッジスペースのランプも同様の改造です。
元からですがランプが片側だけで、しかも電球色で薄暗かったので、
同じようにLEDテープを追加します。ラゲッジランプを明るく
カバーを外します。ラゲッジランプを明るく外すとここはLEDは2個でした。照射面積が広かった理由でしょう。
ラゲッジランプを明るくLEDテープにリード線を半田付します。ラゲッジランプを明るくLED面
ラゲッジランプを明るくLEDテープを両面ブチルテープで貼ります。
ラゲッジランプを明るく点灯テスト
ラゲッジランプを明るくフタをして装着して点灯
片側1個でも実用範囲の明るさと個人的には思いました。
ラゲッジランプを明るく
感想忘れかけていた手持ちLEDテープが使え、簡単に明るく、ドアのエントランスライトと同じ色合いになりました。

これで運転中の同時点灯でも色違いの違和感がなくなりました。
改造後、5時間連続走行を2日行いましたが、熱による異常は見られませんでした。
ラゲッジは元から片側仕様でしかも電球色で薄暗かったですが、LEDテープを追加すると片側でも十分な明るさになったと思います。

材料(手持ち)・LEDテープ
・適当な電線
シリコン(例)
工具
テスター(電源電圧確認)
・はんだごて
・ニッパ
・細いマイナスドライバ

 
 
■ ■ ■ X1 F48 20i 後期モデル 関連記事 ■ ■ ■

■番外編
・X1 F48 マイナーチェンジで、「仕様変更になってカタログや公けになっていない、気が付きにくい部分」をちょっとまとめてみました。気になる方は下記からどうぞ・・・。

「BMW X1 F48 前期と後期のちょっと気が付きにくい変更部分のまとめ」

・当方が採用したインテリア装飾パーツ紹介
「採用した内装装飾パーツ紹介 BMW X1 F48 LCI 20i 後期

■過去記事

純正フットライトを常時点灯させる。BMW X1 F48 LCI 20i 後期

純正フットライトの電球色をLEDテープで白く明るく。BMW X1 F48 LCI 20i 後期(当記事)

iDrive ウォークマンアプリで楽曲情報を登録しインポートする。 BMW X1 F48 LCI 20i 後期

コンソールにワイヤレス充電器装着とドリンクホルダ照明追加 BMW X1 F48 LCI 20i 後期

後付け BSM ブラインド スポット モニター取付 BMW X1 F48 LCI 20i 後期

後部座席のリクライニング ストラップをグリップ式に。 BMW X1 F48 LCI 20i 後期

後部座席アームレストのストラップを取手(フック)化 BMW X1 F48 LCI 20i 後期

後付け BSM ブラインドスポットモニターの表示灯形状を変更 BMW X1 F48 LCI 20i 後期

スポンサーリンク