TRY-TRY-TRY

自作に改造と修理など、家と電気系を主にトライしてみた記録です。

掃除機のホース破れを修理した。

calendar

スポンサーリンク

 掃除機のホース破れて吸引力が落ちた。
短くなるけど直してみようとばらしたら、前に直した痕跡が出てきました・・・ 。
すっかり忘れていました。
他は機能しているので、ホースは破損分また短くなりますが直します。

①リモコン根元のカバーのネジ2本を外し、爪で引っ掛かっているので、隙間から小さいマイナスドライバーなどで爪を押して外します。半分に分かれ半円になります。掃除機ホース割れ 修理

②ホースに巻いてある透明のテープをはがします。掃除機ホース割れ 修理

③リモコンとの配線を長く残すために、半田付け部ぎりぎりで切断します。
④ホースを切断します。ワイヤーは固いので万能はさみで切りました。掃除機ホース割れ 修理

⑤ホースのワイヤ3本中2本がスイッチの配線にもなっているので、結線ができる様にカットします。

⑥ホースをねじ込みます。軽く入りだすと配線するのに良い位置を過ぎてしまいますのでゆっくりねじ込みます。(過ぎるときつく戻りにくいです。)掃除機ホース割れ 修理

⑦ワイヤの被覆を剥いて、スイッチ側の配線(赤、白色)半田付けをして、絶縁テープ(今回は、自己融着テープ)で絶縁します。掃除機ホース割れ 修理

⑧戻す前に動作確認をします。
⑨剥がしたテープをまた巻き付けますが、粘着が弱くなっているので、とりあえず自己融着テープを巻いておきました。

⑩分解時に半分に分かれた半円形状のカバーをはめ合わせ、ねじ2本を締めて終了です。掃除機ホース割れ 修理

・ドライバー
・半田こて
万能はさみ(ペンチ)
・カッター
・ビニールテープ(今回は自己融着テープ使用)
など。

感想ホースが破れて、そろそろ新しいのに替えようかと思っていたのですが、また頑張ってもらいます。




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。