プラズマクラスター 空気清浄機の分解掃除 シャープ KC-B50

プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除

毎年窓を開けない冬から春にかけて使っていたのですが、これだけの吸引量があると内部のホコリってどうなっているのだろうかと気になり、分解できるところまで分解して掃除してみました。

説明書に外し方が記載してあるフィルター、水タンクなどを外しておきます。
まずは、外観で見えるネジを探して外してみますが、こういった家電製品って、どこかにあるんですよね。「ツメ」ではまっているのが・・・。外しにくいし割れそうで・・・。面倒です。
ないことを祈ります...。
ホコリが舞うことを想定してテラスで分解します。

プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除

 
分解
①本体を裏向けて6本、それらしい固定ネジを外しました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
あっさり外れました。(埃だらけ・・・)プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
②次は、もうひとつカバーがある様子。以降これを中カバーと呼びます。
しかし、よく見てみるとキャスターのついた底板を先に外さないとだめのようです。
この底板のネジ5本を外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除外れました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
③中カバーを外します。
その前に、上部にあるホコリ?センサーの付き方を記録しておきます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
両端に各3ネジが見えるので外してみます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除ここで配線のルートを記録しておきます。
④前面パネルもこのまま外れそうでしたが開きかけて配線だらけ・・・。しかもコネクタを全部抜かないと分離できない線の短さ・・・。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
このコネクタをよく見ると同じ形状はないので基盤どうし繋がっている青色線は残して、全部抜きました。
⑤基盤を外して行きます。まずは、画像では下の基盤の上にある表示基盤。
でも結局、先ほど外さなかった青色線コネクタを外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
両側の灰色樹脂部の小ネジ2本を外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除表示基盤が外れました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑥続いて、その下のスイッチのある操作基盤も小ネジ3本を外すと外れました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑦網目の吹出しルーバーを外します。両側のネジ2本を外しすぐ外れました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除開閉軸にはホコリが詰まっていますので、両側の軸部品を外します。
モーターの取付け位置を画像で記録してから外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
反対側には今回一番小さい部品がありますのでなくさないようにします。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑧前面パネルを外します。ここで天敵の「ツメ」が出現。マイナスドライバーで3か所をこじて外します。ツメはめ合いは頑固なのが多いのですが、意外と楽に外れました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑨透明の吹出し口もネジ2本で外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
外れました。
プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑩本体の分解に入ります。
ファンカバーのネジ5本を外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
しかし、分離しようとしてもモーターの線がつながっているので、その先の電源ボックス内部の基盤のコネクタを外さなければなりません。

⑪電源ボックスの固定ネジ3本を外して取り外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除各配線の行先です。
プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除カバーを開けてコネクタ3本を抜きます。形状が異なるので間違いはないと思います。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑫ファンカバー(モーター付)が外れました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑬裏面の配線ルートを記録しておきます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑭細かな基盤の取付き位置を記録して外します。
裏面底の角と、プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除底面にもあります。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
上部の匂い、ホコリ?センサーの配線の通し方を記録します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑮加湿フィルターを回転させるモーター(ギア付)をネジ3本を外し、モーター(ギア付)を取り外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑯ファンの分解に入ります。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
モーターの取付き向きを記録してから、モーター固定のネジ4本を外し固定板を外します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除モータを分離

プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑰裏返して、シロッコファンをモーター軸の六角ナットを外すと軽く引き抜くことが出来ました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑱洗えるものは洗剤で洗浄します。
電気関係は、ホコリを吸い上げ、アルコールで拭きます。
ここまで分解するつもりはなかったのですが、ホコリを見ると気になって全分解しました。
 
組み立て全構成部品
プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
組み立ては逆の手順になるはずですが、初めての分解ですので前後しているかもしれません・・・。
①ファンカバーにモーターを取付けてから、シロッコファンを取付けます。
イオン発生器の針も掃除して取り付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
②上部裏面に取り付くホコリセンサー?を記録した画像の通りに配線を通して取り付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
③底面の小さい基盤と通し方も同じく記録した画像の通り取り付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
④裏面底の角の基盤も記録した画像の通り取り付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑤加湿フィルター回転モーター(ギア付)を取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除配線は近くの穴に通しておきます。
⑥ファンカバー(モータ付き)を本体ケースに取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑦電源基盤を取付け、各配線コネクタを挿し込みます。(ファンモーター、表示基盤、加湿モーター線)プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑧電源基盤のカバーをして、本体に取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑨ルーバーを組み立てます。モーターのない側の軸の灰色部品の取付き方は画像のような向きになりますが、
組み立ててからしばらく使っていて問題なかったのです。しかし、使っているうちに途中で本体ケースに擦れて止まってしまうようになりました。
変形したのか?組付けが悪かったのか・・・?

プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除もう一度分解して、ルーバーを固定しているネジ部分に平ワッシャーでも挟んで高さを上げて、本体に擦れないようにするか…と考えてみました。
もう一度外してまた、組み直して前の画像と比較すると逆でも取付けができました。ひょっとして向き間違ってた!?
ということで、擦れていた部分の隙間も空いてスムーズに開閉するようになったので正解はこちらです。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑩引き続きルーバーを組み立てます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
記録しておいた画像の向きにモーターを取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑪上面パネルに透明の吹出し口を取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑫続いて先ほど組み立てたルーバーを取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑬前面パネルの爪を上面パネル穴に引っ掛ける感じで取付けてから、操作基盤を取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑭表示基盤を取付けます。青色配線を操作基盤と表示基盤のコネクタに接続します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑮表示基盤のコネクタに各コネクタを差し込みます。この状態では、赤白色のイオン発生器の配線だけ短いので後で接続します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑯中カバーを取付けます。両側の各3本の固定ネジで取付けます。
裏面右側プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除裏面左側プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑰もういちど上部にある、汚れ、匂いセンサー?が外れていないか確認してから、前面パネルと本体を近づけるように合わせます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
この状態で先ほど後にすると言ったイオン発生器の赤白色配線のコネクタをイオン発生器に差し込みます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
配線が引っ張られないよう注意しながら前面パネルと本体を合わせます。

⑱合わせてから本体を裏返して、前面パネルを固定します。

なのですが、分解中にどこからか外れたて来たこのカバー・・・。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
取付く位置が分かりました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑲底板(キャスター部)を取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
この時電源コードを底板にあるガイド(突起)間に入れないと底板が浮いて閉まらないのでよく確認します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除電源コードが挟まって底板が浮かないか確認します。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
ネジ5本で取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
⑳外装の裏面カバーを取り付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
 
引き出しタイプの水タンクの引出の外装カバーを取付けます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
加湿は使っていないのですが、フロートも付けておきます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除

プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
キャスターは今回外したままにします。
理由はこのキャスターは横移動しかできないのです。他の向きに替えるには持ち上げないといけないので、掃除などの移動も不便なのです。
そこでキャスターは使わず底面にクッションを貼って、移動するときは滑らせるようにしました。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除こんな感じで。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
これで前後、斜めにも持ち上げずに移動が出来ます。
キャスターが不要な場合、今回のように底板を外さなくても外せます。
キャスター軸近くの押し込める部分を押したまま、キャスターを引き抜くことが出来ます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除
最後に、キレイになったのでフィルターも新しいものに入れ替えます。プラズマクラスター 空気清浄機 シャープ KC-B50 分解掃除

感想

分解は複雑な構造だと思っていて元通りに組み立てられるのか不安でしたが、きちんと記録画像を残していけば難しいものではありませんでした。
基盤の電子部品は、静電気対策で触れる前に人体は他の金属部分に触れ放電させ、静電気の起きやすい製のナイロンブラシなどでの掃除は避けたほうが無難です。

運転音などは変わりませんが、イオン発生のチリチリ音が大きくなりました。針を磨いたせいでしょうか。また、フィルターも交換したことによるものだと思いますが、吹出し口で匂って見て、澄んだ空気が出ているように思います。
いづれにしても内部が全部きれいになっていますから気分は良いですね。

材料(手持ち)
・スポンジクッション(底部移動)
ブチル両面テープ

工具
・プラスドライバー
・マイナスドライバー(はめあい部ツメ外し用)
・掃除ブラシ
・掃除機

スポンサーリンク