アーマオール(つや出し保護剤)をクルマのゴムモールと黒樹脂に15年間塗り続けた結果

アーマオール ゴムモール 樹脂バンパー 保護剤 塗布

今までクルマのモールのゴム部と黒い無塗装の樹脂には買ってからずっとアーマオールを塗ってきました。
アーマオール、ご存じの方も多いかと思います。店頭でもよく見かける定番な商品です。
私が15年使って見た経過をお伝えします。
洗車は月1回程度で、クルマの購入当時から洗車の時は最後にウィンド周りのゴムモール、ドア窓周りなどのゴム類、そしてワイパー下のカウルカバー、タイヤハウスなどの無塗装の黒色樹脂などに、アーマオールを塗ってきました。(この記事は当方が経験し感じた内容です。)

基本ですが塗る時は、砂ホコリ、汚れを落としてから、ワックス拭き取りクロスでやや強めに摺込むように塗っています。
(特にゴム製モールなど、爪などで傷つけない等に注意します。)
隣接する部位に付いてしまった場合は拭きとります。(説明に書いてあるので・・・)

忘れても変色したり痛んだことはありませんでしたけど。

塗り始めて半年とか1年とか、しばらくは塗ってもあまり効果ないように見えます。塗ってもまた次の洗車の時には褪せた感じになっていて諦めそうになります。

でも、最初は素材も新しいせいで浸透しにくいのか、そんなもののようでした。
そこをガマンして続けていけば少し効果が見えてきます。次の二つの画像は、新車に塗り始めで1年間続けた現在の様子です。
画像は洗車前で、ドアとバンパーモールはこんな感じです。

洗車前でも黒色が濃くしっとりした感じになって来ています。


タイヤハウス 内側にもある無塗装の樹脂カバー。ここは見えるパーツでは一番汚れる部分です。
雨天走行で付着した汚れとゴミなどが乾くと貼り付いたままになってしまいます。これに水をかけてもすぐには取れず、水分が浸みてからブラシとかでこすらないと落ちないんですよね。
そこで、ここにも洗浄後にアーマオールを塗っておくと雨水で流れやすくなるのかゴミなどが付着し難く、汚れが落ちやすくなります。こちらも洗車する前で15年塗り続けた状態です。タイヤハウス 保護剤 塗布
我慢強く塗り続けて行くとやがて艶が出てきて、先ほどのモールと同じように洗車毎に塗る必要がなくなっていきます。
クルマから離れてみると意外と見える部分なのでゴミが付着していたり、白く色褪せた感じより、黒艶の方がクルマ全体がきれいに見えますしね。


これで満足せずこれからもきれいに見せるために、根気よく塗り続けていくといつの間にか、洗車時毎回塗らなくて良いかという感じになり、浸透したか磨かれてか光沢が出てきます。
こうなったら完成したようなものです。これできれいな状態が保てるようになりました。
そして、次の画像は15年塗り続けたクルマのドアとフロントウィンドのゴムモール。もちろん洗車前です。
 
くどいですが、ここで完全にやめてしまうと、せっかく続けて来てもそのうち色褪せ老化していきます。
そこそこ安定した感じになってからは、毎回塗らなくても大丈夫な感じになってきますが、それでも次回の洗車時には塗るようにし続けていくことと思います。
効果を実感できるのはちょっと先になりますが、いつまでもきれいに見えるようにするにはしばらく我慢です。
親のクルマのすでに老化した部分に何度が塗り続けてみたのですが、塗っても一時的ですぐに褪せてしまい、効果が得にくいのが経験でした。
最後に、当方が使った製品「アーマオール」に限らず、どのような保護剤でも塗る部位が新しいうちから始めて続けることが大事だと思いました。

スポンサーリンク