TRY-TRY-TRY

自作に改造と修理など、家と電気系を主にトライしてみた記録です。

ダイハツ ミライース LA350S ドライブレコーダー取付 前方、後方カメラで側面録画

calendar

スポンサーリンク

今は必須となったドライブレコーダー。
実家のこのクルマにもつけなくてはと、ずるずると1年半が過ぎてしまった。
万が一の証拠になれば本人も少しは気が楽になることと思い取り付けを打診しました。

形も色々価格も色々ある話をすると、「よく分からないから任せる」と想像していた返事だった。
取りあえず記録として残ればよいと考えるも、必須は前後カメラ。前後の画質とカメラの広角。
形状がシンプルで、取付位置によって運転視覚に入らないようガラス面貼付けタイプで、1万円以内の9,500円で下記の ドライブレコーダーに決定した。

購 入 品Crosstour ドライブレコーダー 前後カメラ 1080PフルHD ドラレコ 前後170広角 HDR SONYセンサー 外部GPS 衝撃録画 1年保証 日本語説明書付属 常時録画 高速起動 9.500円 (Amazon)

・カメラ
1080P高画質・前後同時録画
1920×1080PのフルHD
フロントカメラは170°
バックカメラは120°

・暗視機能
前後カメラはF1.8絞りとHDR

・WDR機能搭載
WDR機能を搭載しているので、白とびや黒つぶれ、逆光に効果

・LED信号機に対応
LED信号機の点灯とドライブレコーダーの撮影周期が一致すると信号機が点灯していないように映る対策。

・microSDカードは別売り。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー Crosstour

後方カメラは、リアガラス取付が本来ですが、試しにこのミライースの車内の真ん中にあるルームランプを利用して、後部座席両側面と後方を録画して見ることにした。
この位置での、デメリットは、後方のナンバーが読めるかどうかです。
メリットは。後方から側面の動きが録画できます。

当方毎回ですが、クルマのカープラグを占領したくないので、電源線のカープラグの端子部に線を半田付けして準備しておきます。

①後方カメラを、室内中央にあるルームランプに取付け。
ルームランプカバーを外し、固定ネジ2本を外すと、ランプの台座が外れます。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー②車体中央部のセンターピラーカバーを外すために、ドアのゴムモールを上部だけ引っ張り外し、センターピラーカバーを手前に引くと上部だけ浮きます。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー③配線をルームライトから天井に送り込み、前ドアと後ドア間のセンターピラーに出てきたら、ルームランプ側が必要な長さが残るよう引き抜きます。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー④助手席ドア上部のドアのゴムモールを引き抜き、天井裏へ配線を押し込んでいきます。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー Crosstour⑤フロントピラーインナトリム(カバー)は外さずに、隙間に押し込んでいきます。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー⑥フロントガラス淵の天井の中へ配線を押し込んでいきます。当方では、ルームミラー根元のカバーを外して作業しやすい環境にしました。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー
ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー

①ルームミラー根元からフロントガラスの淵に沿って天井へ押し込んでいきます。
②今度は運転席側のフロントピラーインナトリム(カバー)を外します。外すために、ドアのゴムモールを引き抜きます。

上部天井側から引き抜きます。割れ防止の為、当方は入るだけ指を入れて、クリップに近い所でカバーを押し外しました。下部のダッシュボードとはL字で引っ掛かっているだけなので、手前方向に引き抜けば外れます。

③空いていた配線クリップ?に電源線を通しました。ライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー Crosstour④外したフロントピラーインナトリム(カバー)とダッシュボードとの隙間から、カープラグごと落とし込みます。
⑤ヒューズボックスのある足元に落ちて来るので、電源を結線します。当方ではすでにキーレス連動ドアミラー格納回路取付けで、ACC電源とアースを分岐しているので、ここから分岐させました。

①フロントガラスは、ガラス縦長さの20%以内に取り付ける(貼れる)と、道路運送車両の保安基準で決められています。(詳細はお調べください。)

また、録画する上では、ワイパーの通過(拭き取り)範囲にカメラレンズがないと水滴できれいに録画できません。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー②電源を入れてモニタします。
ギリギリの位置がありました。20%範囲内であと4cm程余裕。
前方カメラは、上下と左右方向に角度調整が出来るのでとても助かりました。

③本体(前方カメラ)は台座だけスライドして外れるのですが、位置合わせには本体(前方カメラ)を取付けて、付属の両面テープで貼り付けます。

④後方カメラも位置をモニタしながら決めます。後方カメラの角度調整は上下だけですので、左右方向は録画したい範囲を決めて付属の両面テープで貼り付けます。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー
ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー

結果電源の入切時に音が鳴るので動作確認がわかります。モニタも設定時間でスリープするのでこれも便利です。
録画画像ですが、昼間確認ですがとてもきれいな画質です。今はよい製品が多いので心配はないですね。価格とブランドによって変わるのは、逆光とか夜間とかに差が出るのでしょう。

◆後方画像  ※ナンバープレートは画像加工しております。
車内中央に取付けた後方カメラでは、側面もよく映っています。

ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダーミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダー Crosstour後方に対してはカメラの高さがすこし高いようです。後の遠方が映っていなくて、近くに接近してきた場合にしか映っていません。ミライース LA350S 前方 後方 側面 ドライブレコーダーこれでも、何かの時には証拠にはなると思いますが、もう少し下げることで良くなるかもしれません。ただ、車内という所であまり下げたくはないですし、少し下げた所でどの程度よくなるかで判断したいと思います。
また実家に行ったときにテストしてみます。

材 料(手持ち)自己融着テープ
・T字ステー 市販品(後方カメラ固定)
インシュロック
・アルコール(ガラス貼付け面油分除去)

工具・ドライバー
・ニッパ
・半田こて
・薄手手袋(カバー外し時の内装汚れとケガ防止)




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。