TRY-TRY-TRY

自作に改造と修理など、家と電気系を主にトライしてみた記録です。

Home » 車のことにTRY » 車の電気系にTRY » 汎用スピーカーでBMW E46 ツーリングのフロントとリアスピーカを交換、スッキリ透明感が出た。

汎用スピーカーでBMW E46 ツーリングのフロントとリアスピーカを交換、スッキリ透明感が出た。

calendar

スポンサーリンク

 音質にそんなに詳しくないのですが、それでも純正は何かぼんやりこもった感じがして・・・。もう少し高域とか、メリハリがほしい。純正って満足できるのはなかなかない気がします。
でも、家と違ってクルマでは雑音が多い環境なので、深くこだわっても意味がないような気もしますが、この年式のクルマにいまさらですが入替をしてみます。

このクルマ、フロントスピーカはドア内張りに取付いていて、内貼りが外せればスピーカには直ぐアクセスできます。
フロントツィーターはドアミラーの根元にあり、ドア内張りを外してからになる。
リアはタイヤに近い部分の内張りにあって、他の方の外し方を参考にするも、手順が多くてかなり大変な様子・・・。
外し方も、スピーカのサイズもネット検索しておきます。
検索して調べると評価が多くて手ごろな値段、何かと使えそうな取付アタッチメントが付いていて加工すれば使えるようなのでこれに決めました。

・フロントスピーカ用 SRT1633 16cm (クラリオン) 4,866円(Amazon)
・リアスピーカ用 SRT1733 17cm (クラリオン) 4,963円(Amazon)
・フロントツィータ 型不明(ケンウッド) 2個で1,800円 (中古リサイクル店)
・静音シート(吸音材) XETORO-S (イイダ産業) 、色 グレー、サイズ 250mmx420mm x 厚10mm  1,091円(Amazon)

スピーカ線
コネクタピン端子(純正コネクタ接続用)
インシュロック
・アルミ板端材
・M4ネジ (フロントスピーカ固定)
・タッピングビス(フロントスピーカアルミ板固定)
※リアは、純正および、スピーカ付属ビス使用
・スポンジテープ(目の詰まった固めのタイプ)

・半田こて
・ドライバー
・ニッパ
・ペンチ
トルクスドライバー(車両カバー等バラシ用)
・六角レンチ(車両カバー等バラシ用)

フロントスピーカ、ツイーター交換フロントの内張りは、何度か外した経験があるので楽です。
内張り固定ネジ5本(カラートリム外した中に2本、ドアミラースイッチを抜き取った中がエア1本、ドアアーム裏側の2本(楕円形プラカバーを外した中)
あとは、内張りを持ち引っ張ってバチバチバチっと外します。

①純正スピーカコネクタを外し、固定ネジを外すとすぐに外れます。
②ツィーターは、ドア内側樹脂フレームのスピーカ部近辺を引いて浮かします。ドアミラー固定ボルト1本と共締めになっています。配線はコネクタで外します。
③フロントスピーカの取付方法を、付属のアダプタを入れ替えながら模索します。

SRT1633付属 スズキ車用SRT1633,SRT1733付属アタッチメント ホンダ車用
④使えるアダプタを加工して、外漏れ防止効果は不明ですが、ドア板金面に防音シート(購入商品名は、静音シート)を貼ります。フロントドア吸音材フロント純正スピーカ外し

⑤スピーカ取付に1か所穴が合わないため、アルミ板でアングル形状に曲げて止めています。
その後、このスピーカにも防音シートを細長く切り、スピーカ裏面を囲うように円形に積み重ねていきます。

フロントドアスピーカアルミ板で取付フロントスピーカ吸音材

⑥ツィーター取付は、純正金具を利用し形状に合うよう少し角度を変えるだけで、簡単に取り付けることが出来ました。

フロントツィータ取付金具 フロントツィータ取付

⑦車両側の配線の純正コネクタは切断せずに、手持ちのコネクタに使うオスの平たいピンがちょうど使えましたので、2本をそれぞれ差し込んで、配線どうしインシュロックで共締めします。後の⑪画像を参考

リアスピーカの交換作業

①荷物固定フックなど、内張り固定ネジを外します。(一部プラ製ピン)
②窓下の通気カバーとシートベルトカバーを外します。(一部にトルクスネジってこんなところまで使う?)
③ラゲッジルームの底板を外へ出します。
④内張りを外します。(一部プラ製ピン)
⑤スピーカは、内張りではなく画像のようなBOXについています。
リアスピーカBOXとアタッチメント

⑥スピーカの純正配線コネクタを外します。

⑦スピーカ取付きネジ3本を外し、続いてBOXを取り外します。配線もBOXから抜きます。

⑧スピーカBOXに付属アタッチメントを固定しますが、ネジ穴は異なるのでタッピングビスで取付けます。

⑨その上に隙スピーカと隙間が少しできるので、一周スポンジテープを貼ります。
アタッチメントをリアスピーカBOXに取付アタッチメントをリアスピーカBOXに取付

⑩スピーカBOXに配線を通してから車両に取付け、スピーカを付属アタッチメントに取付けます。

リアスピーカ取付リアスピーカ取付完

⑪純正コネクタは切断せずに、手持ちのコネクタに使うオスの平たいピンがちょうど使えましたので、2本をそれぞれ差し仕込んで、配線どうしインシュロックで共締めします。

純正コネクタとの接続感想高域の透明度が良化しました。特にツィーターの効果かと。
良化した一番はいろいろな領域のメリハリといった所でしょう。
クルマの内装などのバラシには、緩まないネジもあり、はじめてのリア作業で苦労してしまって1日かかってしまいました。~~;




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。