TRY-TRY-TRY

自作に改造と修理など、家と電気系を主にトライしてみた記録です。

Home » 家のことにTRY » 家のこと改良にTRY » 効果あり。屋根に近い押入れの天井に断熱材を追加した。

効果あり。屋根に近い押入れの天井に断熱材を追加した。

calendar

スポンサーリンク

 この押入れ1か所だけ屋根の傾斜の下にあり、しかも南側で熱のこもるところで温度が高くなりがち。ビニールカバンなど熱で老化が進むものもあるため断熱材を入れることにした。
とはいっても、ここは人が入れる天井裏がないため貼り増し(重ね貼り)をします。この方法では天井が断熱材厚み分低くなってしまいますが、5cm程度と収納には影響少ないと判断しました。

①適当な長さに角材を切断します。だいたい10cmくらい。数は広さに応じて。(間隔が広すぎると物を入れたときに凹んでしまいます。)
②断熱材が入る隙間を作るため、釘が打ってある付近に①での角材に木工ボンド塗布後、木ネジで固定します。
③その角材間に断熱材を詰め込みますが、断熱材には使う面の指定があり、断熱材にわかるように印刷されていますのでよく確認してからにしましょう。断熱材使う面指定
固定した角材間に断熱材を詰め込みます。
押入れ断熱材追加
④カラーボード(べニア板)を貼る大きさに、カッターで切断します。(薄いべニア板の切断にはのこぎりよりもきれいに切れます。)
⑤最後に、カラーボード(べニア板)を、木工ボンド塗布後に釘で止めて終了。押入れ断熱材追加

 (ホームセンター)
・カラーボード(べニア板)2.5mm×920mm×1,820mm 1枚 980円
・角材50×50mm位 ホームセンタ端材売り 長さ300mm程度 30円×3本

・断熱材(以前に天井裏に敷いたあまり) 旭化成 アクリアマット 厚さ50mm×幅430mm×長さ2,880mm 1枚
・木工ボンド (手持ち)  釘と併用で強化
・釘 真鋳製 (手持ち)

・電動ドライバ
・のこぎり
・ハンマー
・カッター

感想触れると施工前よりかなり断熱されていることがわかりました。元々室温も高いので室温以上にはなりますが、肌で感じる分ではだいぶ低下したことを実感出来ました。

 ■家の温度環境関連 

・換気扇新設
天井パイプファン換気扇を部屋に設置、暑い夏の留守も就寝中にも効果あり。

・押入れ断熱材 (当記事)
効果あり。屋根に近い押入れの天井に断熱材を追加した。

・窓換気
換気 通気のため窓を少し開けていても雨が入りにくい工夫。

・屋根裏断熱材
屋根裏の今ある断熱材の上に敷くだけで天井の暑さが改善。

・二重窓
夏の断熱と、冬の結露防止に内窓(二重窓)を自作した。
断熱 防寒 結露防止 内窓(二重窓)自作と調光ブラインド

 




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。