TRY-TRY-TRY

自作に改造と修理など、家と電気系を主にトライしてみた記録です。

Home » 電気系にTRY » 電気系自作にTRY » 電源スイッチの切り忘れを報知する回路製作

電源スイッチの切り忘れを報知する回路製作

calendar

スポンサーリンク

 ネット専用の機器電源スイッチを切り忘れたら、光と音で知らせる回路を製作しました。
当家では深夜、ネット専用の機器電源をタイマーで切るようにして翌朝の時間に再びオンする設定をしていますが、この元のスイッチを切り忘れて置くと、翌日誰もいない(使わない)時でも電源が入ってしまいます。(最後の人が切ってくれればよいのですが…。)
この元スイッチを切り忘れないようにするために「切り忘れ報知」を製作しました。

製作部材を集める為に部材箱をあさっていると、前に制作した74HC04を使った発振回路が出てきました。
これを使えば、間欠音と点滅表示灯が出来るのでこれを使うことにした。(回路は下図参照ください。)

仕組みは簡単です。元スイッチOFF、またはタイマーOFF中はネット機器のコンセント電源が切れている時は、リレーもオフしているので、このオフ時リレー接点がONしている接点を使って、光と音を出す発振回路の電源が入り、今度は、ネット機器の電源が入った時はリレー接点がOFFするので、回路の電源も切れて報知が止ります。
ブザーは、高い音とか大音量では困るので何かないかと探したら、今まで処分した家電の基盤があり、その中のいくつかにブザーが付いていたので、全部に5Vの電圧を与えて音を聞いて見たところ、炊飯器の基盤についているブザーが、一番やわらかい感じの音で、音量も他より聞き取りやすかったのでこれを部品取りします。(やんわりと、スイッチが切れてませんよ。切ってくださいね。との思い。)
▲ここでブザーについて。
ブザーに発振回路が無いものは電圧を与えただけでは鳴りません。今回は、電圧の入切時に「カッ」音が出るのを利用します。(発振回路付ブザーを鳴らすとうるさいです。)

スイッチ切り忘れ報知回路

(ブザー間欠音、LED点滅回路)スイッチ切り忘れ報知

AC100V リレー端子図

AHJ3221 ソーラー コンセント 電源切替 電源切り忘れ 報知

 使用部品 スイッチ切り忘れ報知*発信回路基盤は以前に製作したものですので、上記(ブザー間欠音、LED点滅回路)回路図にて済ませております。

①リレーコイル「13,14番ピン」にAC100V平型コードを半田付けし絶縁します。この平型コードにはコンセントプラグを結線します。
②リレー接点(リレー電源入っていない時にONしている接点)「1,9番ピン」にリード線2本を半田付けします。
③リレー接点リード線の片方を、回路のマイナス、またはプラス配線に結線します。
④もう片方のリード線は、電源プラスまたは、マイナスとして、ACアダプタの同じ極性に接続します。
⑤先の④での残りの片方のリード線(残りの極性(プラスまたはマイナス))を、発振回路の電源と接続します。
⑥発振発振回路基盤の出力に、廃棄炊飯器の基盤から部品取りしたブザーを配線します。

スイッチ切り忘れ報知

発振回路基盤にLEDが付いていましたが、目立つようにしたいためこの基盤から配線を伸ばして、高輝度LED2個を直列で接続しました。
結線完了。スイッチ切り忘れ報知⑦最後にケース(綿棒空きケース)に入れました。スイッチ切り忘れ報知設置:切り忘れ時の赤点滅(音はお伝え出来ませんが。)

スイッチ 切り忘れ 報知
感想程よい音色の間欠音とLED点滅で、切り忘れに気付くようになりましたが、家族は余計な物をまた付けてと飽きられております。ーー:が当家では効果が出ました。

この回路は、スイッチ付コンセントを使う必要がありますが、他の電気製品などの電源切り忘れ報知にも応用できるかなと思います。(下図参照ください。)

■応用するための、この回路の考え方と使い方
市販タイマーを使って、家電製品などを入切させている場合に、
次回、タイマーが入になった時に、
勝手に電源を入いってほしくない。使うときに電源を入れたい。
でも、タイマーで自動で入するのも使いたい時がある。

タイマーが切れたあとに「人手スイッチ」(下図赤字参照)を切っておく必要があるのですが、この「人手スイッチ」の切り忘れを報知する。というものです。電源スイッチの切り忘れを報知する回路

①タイマーの切時間が来て電源切れたら報知でお知らせ。
②人手スイッチを切ると、報知は止まる。
③次回、タイマー入になっても、電源は入らないので、
人手スイッチを入にすると電源が入る。
④再び、切時間が来て電源が切れる。

次回、勝手に電源が入っても良い(タイマーで自動で入)場合は、人手スイッチはこのまま入で放置しておけばよい。
というものですが、こんな風に使う人はいないような気がします…。

・リレー AHJ3124  AC100V  2回路2接点 (今回使用するのは1回路2接点)
・ACアダプタ DC12V出力※ (中古) ※発振回路基板の回路内で12Vから5Vに電圧落としています。
・コンセントプラグ
・ACコード(平型)
・高輝度LED 2個
・ブザー(部品取り)
・基板端材
・適当なリード線
・スイッチ付コンセントタップ
インシュロック
自己融着テープ
両面ブチルテープ
・綿棒空ケース

・半田こて
・ニッパ
・カッター
テスター
など。




この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。